大切な着物。
そんな着物を狙った悪徳業者がいるのです。
着物買取のトラブル・・・できれば避けたいものですよね。
それでは、いったいどのようなトラブルがあるのか、少し見ていきたいと思います。

 

 

 

 

着物買取トラブル

 

訪問買取のトラブル

自宅に電話がかかってきて、「不要な着物はありませんか?」と聞かれます。
そこで、話を聞いてしまい、査定を承諾すると、後日男性が訪問査定に来ます。
男性は着物をしっかり見もせず、すぐに「貴金属はないか?あったら見せてほしい」と言うのです。
そこで貴金属を見せると強引にかなり安い価格で着物と一緒に買い取っていくのだとか。
その場で断れない雰囲気であること、買取価格があまりにも安すぎることで、業者に問い合わせをしてもあとの祭り。
すでに「品物は売却してしまった」の一言で、返してもらうことができなかったという方がいるのです。

 

訪問買取トラブルは、年配の女性が被害に遭いやすいと言いますので、電話で訪問査定の話があっても、鵜呑みしないよう心掛けましょう。
また、仮に家まで来たとしても、その場で買い取りを行うのは危険です。
きっぱり断るようにしましょう。
万が一、買い取りできるまで引き下がらないようであれば、警察を呼ぶことも考えておいた方がよいでしょう。

 

 

押し買いトラブル

実は着物買取の中で、このトラブルが最も多いと言われています。
あまり後先考えずに、適当な着物買取専門店に電話をしたとします。
その業者が、着物を訪問査定に来ると言い、見てもらったところ、なんとなく納得できないような価格をつけられます。
悩んでいると、半ば強引に買い取りを行うのです。
また、断った場合でも、訪問買取なのでまた訪問してくるわけです。
しつこく、しつこく・・・。

 

これは、一番面倒臭いトラブルですので、できれば回避したいところですね。
そのために予防策を行いましょう。
まず、電話をする前にきちんと信頼できる買取店であるか確認します。
インターネットのホームページを確認し、過去の買い取り実績を見てみましょう。
また、仮に騙された人が多い業者であれば、その名前で検索すると、騙された手口などが出てくることもあるので、よく調べておきましょう。

 

 

着物買取のトラブルは、未然に防ぐことが可能な場合があります。
まず、訪問査定の電話がかかってきても取り次がないことが大切。
相手側から営業をしてくることはまずないものだと思っておいたほうがよいでしょうね。
そして、買取業者を選ぶ際には、調べるなどの下準備はしておくことが重要です。
せっかくの大切な着物を騙し取られないように、自分の身は自分でしっかり守っていきましょう。